スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFCオールカタログPART17

2009年04月01日

年末商戦なのか大作の発売ラッシュ。
1994年12月に入り、プレイステーションが発売して、当時の次世代戦争が幕を開けた。


・スーパードンキーコング(0:55~1:10)
難しすぎず簡単すぎないバランスが保った難易度と良好な操作性で出来具合は良かった。
3Dレンダリングを使ったグラフィックは衝撃的でした。

・スーパー桃太郎電鉄3(3:40~3:55)
桃鉄シリーズはこれが初だったが地味な印象。
CPUのあまりの弱さに泣ける…。かお

・どっすん!岩石パズル(7:55~8:10)
コラムスの印象は拭え切れないが、これはこれで有りかも。
しかし、タイトルはどうにかならなかったものか……。汗;;

・ロックマンX2(10:10~10:25)
特殊チップが導入したのか演出がかっこよくなった。
相変わらずの高難易度だが、昇龍拳の修得次第でクリアは容易。

・龍虎の拳2(11:25~11:40)
オープニング(ユリのボイス無)・ズームアップ・ボーナスゲームを余すところ無く再現。
技が少し出にくいのが惜しまれるが、ネオジオ格ゲー移植シリーズ最後としては良い出来だったのではないだろうか。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。