スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏大会2011in大阪

2011年09月05日

「夏大会2011in大阪」に参加。
開始20分前に来て、手渡されたエントリーカードは318番と参加者がかなり多めの大阪戦。
最終的には500人強を超える大会となった。
2011-09-05_0002.jpg
2011-09-05_0003.jpg
夏大会2011in大阪のコースレイアウト。
2011-09-05_0004.jpg
S字カーブの最後でバーニングブリッジレーンチェンジ。
2011-09-05_0005.jpg
芝生→デジタルカーブ→ドラゴンバックの3連コンボ。
2011-09-05_0006.jpg
テーブルトップ。
2011-09-05_0007.jpg
最後に2100カーブが待ち受けて以下5周。

ここからレースレポート。
まずはオープンクラスに出場。
午前の部はシーソーゲームの展開。
序盤は自分のマシンがトップに躍り出たが、カーブを入るごとに相手のマシンに追い抜かれて追い返すという展開。
しかし、ラップを重ねていくことに相手のマシンに引き離されていき、そのままゴールを迎えてスピード負け。
午後の部はグリスアップしたり、タイヤを綺麗にしたりする等の万全なメンテナンスをさせて本番に迎える。
その万全なメンテナンスなのか強豪らしき人が居なかったのか定かではないが序盤からトップを独走。
バランスを崩す姿勢はなく、安定な走りを発揮させてそのままゴールして…。
2011-09-05_0008.jpg
2大会連続タスキゲット。
この調子で再び万全なメンテナンスを済ませて2次予選に挑んだが、スピードに引き離され3位。
2次予選突破にはならなかった。

「軸上げ」をしてホイールの空転時間が短くなったので、その抵抗具合が原因だろうか。
軸上げは難コースには発揮しそうだけど、こんな高速コースには普通に組んだ方が良いと感じた。
次回のオータムGPはレイアウト次第で判断ですね。
田宮はマッハダッシュ売らせたいから、また高速コースになりそうな予感だけど…。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。