スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiウェアでエキサイトバイク新作②

2010年02月06日
2010-02-06_0001.jpg
2日から配信開始したWiiウェアの「エキサイトバイク ワールドレース」。
以前はWi-Fi対戦のみに留まりましたが、今回は時間が出来たので1人用の「エキサイトレース」モードをプレイ。
タイムアタック方式ですが、Wi-Fi対戦同様にNPCが邪魔してきます。
カップが4つ分かれていて、1つのカップに4つのコースが用意。
写真は、その3つ目の「ゴールドカップ」で、コースはパリ・フィジー・メキシコ・チャイナ。
2010-02-06_0002.jpg
コースを選ぶとマップとグレードタイムが表示。
ちなみにマップは、左右の十字キーを押すことでギミックを把握することが可能。
グレードタイムは最初Bしか出ませんが、1度レースをすることでSグレードのタイムが表示されます。
2010-02-06_0003.jpg
というわけで、Sグレードを獲得。
2010-02-06_0004.jpg
その後にベストタイムが表示されて、5位までのタイムと操作したタイプが記録されます。
2010-02-06_0005.jpg
リプレイも搭載。
十字キーを操作することでカメラ視点の変更が可能。
ちなみにリプレイの他にレース時でも斜めに視点が変更ができたり…。
とはいえ、斜め視点のプレイは難しかったりするので、デフォルトで十分です。
2010-02-06_0006.jpg
ゴールドカップすべてのコースにSグレードを獲得。
さすがに3つ目のカップなのか思い通りにSグレードにならず、何度もプレイし直しました……。
2010-02-06_0008.jpg
2010-02-06_0009.jpg
バイクマシン2台獲得。
前にも記しましたが、種類が増えても性能は一切変化有りません。
種類はそこそこあって、開放条件のほとんどがSグレードの獲得。
あとはWi-Fi対戦の特定ポイント獲得のみですが、フレンド対戦にも扱われる様子。
2010-02-06_0010.jpg
4つ目のカップ「プラチナカップ」が開放。
ゴールドカップ以上に容易にSグレードが取れないでしょうねぇ…。
2010-02-06_0011.jpg
もう一つのモード「コースエディター」は、最大8つまでのコースが作成可能。
テストラン出来るのはもちろんのこと、作成途中のデータが保存できるのは有りがたいことです。
それなりに試行錯誤していたりしますが、簡単すぎても難しすぎてもダメだし、意外にも頭を使う……。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。