スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルエックスを検証

2009年11月10日
2009-11-08_0010.jpg
秋大会2009in鈴鹿で購入した「ダブルエックス(以下XX)」を検証してみた。
2009-11-10_0001.jpg
シャーシ骨格。
2009-11-10_0002.jpg
シャーシ表部分。
ちなみに左はXX、右はX。
2009-11-10_0003.jpg
シャーシ裏部分。
元はXをベースにしているのか大きな変化は無いが、ここからXXの新要素を記してみる。
2009-11-10_0004.jpg
バンパー部分。
穴が2つ増加された以外はXと同じ。
ちなみにバンパーの強度は、Xとほとんど遜色はない。
2009-11-10_0005.jpg
同梱しているアタッチメントパーツを装着することでローラー幅を広げることが可能。
2009-11-10_0006.jpg
2009-11-10_0007.jpg
装着。
一番外側のローラー穴に13mmを装着すると、規定幅ギリギリの104mmまで拡張可能。
2009-11-10_0008.jpg
サイドステー。
2009-11-10_0009.jpg
こちらはXのサイドステー。
大きく進化されて穴が2つから3つに増量。
なにげに幅が広がっているのもポイント
軽く触ってみたところ、なかなか硬かった。
ここにパーツのスタビライザーポールを装着するのも悪くないかと。
2009-11-10_0010.jpg
サイドステー裏部分。
2009-11-10_0011.jpg
左側に使用素材マークの刻印。
ABS樹脂の他に、ポリカABSとカーボンファイバーABSの刻印が有るので、後々限定パーツorキットが発売される予感。
さすがにすぐには無さそうだけど…。
2009-11-10_0012.jpg
2009-11-10_0013.jpg
リアステーは一応XXの新要素だが、既存シャーシパーツからの流用。
触ってみたところ、ややねばねば感をした印象だが、それはFRPを装着すれば問題ないでしょう。
2009-11-10_0014.jpg
続いてはギアケース周り。
左はXXで右はX、XXのパーツは一部切り取ってますが気にせずに。
基本、Xとまったくと言って良いほど変わりはないので、変わったものだけを抜粋。
2009-11-10_0015.jpg
フロントギアカバー部分。
作りはXとまったく変わらないが、刻印が専用の物に変更。
2009-11-10_0016.jpg
バッテリーホルダー。
2009-11-10_0017.jpg
Xのバッテリーホルダー。
こちらは大きく変化して強度性をアップ。
Xでもしっかり支えてくれるが、XXでは強度が向上されたことでX以上に支えるので、電池脱落の心配はなくなった。
2009-11-10_0018.jpg
早速組立。
組立て方はXとほとんど変わらないので、Xに触ったことがある人は説明書を見ずに組み立てられます。
このXXを実験機として、小径オープンサブマシンに来年採用予定。
XXの特徴であるノーズガードをなるべく残す形で模索中。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。