スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラシが初出のスパロボ新作

2010年08月25日

【新作!】スーパーロボット大戦L-画像追加-【キタ!】
2010年になって初めての版権スパロボが発表。
24日にチラシ上でアップされたのが発端。
スパロボの初出はゲーム雑誌からなので、正直ガセだろうかと思われたが本当だった。

参戦作品は、昨今の作品に比べて少なめな印象が拭い切れない。
新規参戦はあるにはあるがちょっと地味な印象で、即出作品も前作の「」中心。
K自体プレイした事無いもののいろいろ不評と聞くので、新作のLで挽回を図らないと冗談抜きでマズいが…はてさて……。
スポンサーサイト

夏大会2010in中部

2010年08月24日
2010-08-24_0001.jpg
「夏大会2010in中部」へ2日間に渡って参加。
その前に行われた関西大会は、祖母の1年と初盆の同時準備の為参加できなかったので、結局中部大会のみに…。
天候が心配されたが、まったくと言っていいほどの快晴日和。
それに日射がきつかったこともあってか、アスファルトが熱くてピットで作業するのがやっとだった。
2010-08-24_0002.jpg
サマーGP2010in中部の1日目レイアウト。
2010-08-24_0003.jpg
S字カーブの後に平面レーンチェンジが待ち構えて。
2010-08-24_0004.jpg
またS字カーブを渡ってストレートに進むとスロープセクションが。
2010-08-24_0005.jpg
その直後にアイガー芝セクションという、スロープ系が2つ設置されたレイアウト。
以前の大会とは打って変わって、難易度は高かったです。

2010-08-24_0006.jpg
レース結果、まずは大径オープンクラスから。
当初はライトダッシュ+ニカド+4:1ギアを積んでたが、あまりに遅い印象だったので、モーターをハイパーダッシュに変更。
スタートはほぼ同時進行だったが、しばらくして自分のマシンがトップに躍り出る。
2連続スロープセクションも綺麗に突破するのでこのままタスキゲットになるかと思ったが、ファイナルラップのスロープセクションでまさかのコースアウト…。
2回目の下1桁番号抽選は当たらず、予選落ち。
2010-08-24_0007.jpg
続いてはオープンクラス。
貴重なテスト走行では、電池を誤って逆さまにしてしまい、スタート地点でバック走行をさせるというドジを噛ます……。
2回目では1周しかテスト走行ができず、そのまま予選へ挑むが、3周目のスロープで大胆にジャンプをしてそのままコースアウト。
時間の関係で2回目の抽選を行わず、ノータスキ。

それからレース終了後、約1時間半ほどテスト走行を繰り返させて鈴鹿サーキットを跡にし、亀山の親戚宅で一晩お世話になりました。
>>続きを読む"夏大会2010in中部"

2年遅れで無限のフロンティア

2010年08月18日
2010-08-17_0001.jpg
スーパーロボット大戦OGサーガ 無限のフロンティア」を2年遅れで購入。
スパロボの中古はどのお店に行っても見つかる印象ですが、この作品に関してはまったくの逆でなかなか見つからず、ヤフオクにて購入。
実は先月末に購入したのですが、消化ゲー攻略の関係で開始が少し遅れた。
2010-08-17_0002.jpg
2010-08-17_0005.jpg
戦闘シーンはこんな感じ。
基本的には援護攻撃を駆使してコンボを決めて「フロンティアゲージ」という必殺技ゲージを増やしていく。
格闘ゲームみたいにコマンドを入力するという大変な作業は一切無く、タイミングを見計らってAボタンを押すだけでコンボが成立できるのがこのゲームの魅力的。
Xボタンで放てる必殺技を敵に浴びさせてKOさせると爽快感あるし、経験値も少し多めに貰えておいしいです。
ただ、雑魚戦では戦闘が少々時間が掛かるゆえ、エンカウントが若干高めに設定されているので、テンポを崩しているのは残念な所。
重要なイベントが無い限り、逃走がほぼ100%の確立でできるのは不幸中の幸い。
2010-08-17_0004.jpg
ストーリーの進行は、キュオン戦をクリアしたところで一旦中断。
キュオンは萌えキャラの癖してガードを崩さないし、強制回避を頻繁に行うしで、1度全滅を経験するぐらい苦戦した(苦笑)。
しかし、敵側が使う強制回避は味方側にも用意して欲しかったのは確かかな…。
2010-08-17_0003.jpg
それにしても、アシエンはどこをどう見てもラミアそのままで、このノリノリである(笑)。

テーブルマウンテン

2010年08月14日
バーチャルコンソール「風来のシレン」。

あれから23回目の挑戦で「テーブルマウンテン」まで到達。
昔は「山霊の洞窟」あたりで詰まったので、ここまで来れたのは初めて。
道中、旅仲間のお竜に出会い、このまま順調に進むと思っていたのですが…。
2010-08-14_0003.jpg
「見えない敵」に合流して戦っている際にお竜を見失い、探していると「ボコッボコッ」と戦っているSEが……。
やがてそのSEが止んで引き続きお竜を探していた時に、「グレートチキン」に出会って戦おうと攻撃したら1発反撃で即昇天…。
どうやら逸れたお竜を倒した張本人で、進化モンスターだとは素で気付かなかった、メッセージボードも表示されなかったし……。
2010-08-14_0002.jpg
風来人番付は1位にランクイン。
それにしても、何度やられてもイラだたないのは不思議であります。
Wiiポイントプリペイドカード 1000(ゲーム)

Wiiポイントプリペイドカード 1000(ゲーム)

価格:999円(税込、送料別)

DCオールソフトカタログPART8

2010年08月08日

DCオールソフトカタログPART8
約5か月ぶりに配信されたDCオールソフトカタログPART8。
ジャンルのバリエーションはそこそこだが、割と地味なものが多め。
2000年3月4日に「プレイステーション2」の発売で、ドリームキャストは苦戦を強いられることになる。
それにしても「ゴーレムのまいご(2:36~3:02)」の売上本数…。


・マーベルVS.カプコン2 New Age of Heroes(10:22~10:57)
元がDC互換機のNAOMIなので移植度は文句無し。
当時、格闘ゲームでオンライン対戦が出来るのは斬新で活気的だったけど、いざプレイしてみるとラグ目立ってたし、1分13円という専用回線なので通信料金が怖くて自重してた。
あと、シークレットキャラ解放の敷居が高いのも残念。
後にビジュアルメモリを郵送して全キャラを解放するサービスを施行してくれるのは有難かったが、その開始時期があまりにも遅すぎるのは悔やまれる。

バーチャルコンソールで風来のシレン

2010年08月04日
2010-08-03_0001.jpg
またもやバーチャルコンソールネタ。
不思議のダンジョン2 風来のシレン」をやりたくなってきたのでポチってみた。
元々持ってましたが、あまりの難しさで途中破棄をしたので再攻略です。
消化ゲームを一旦休憩してますが、意外にも終わり時が見つからないぐらいにハマってます(笑)。
んで、早速ながら四苦八苦されております…。
2010-08-03_0002.jpg
ポチってから初めての昇天。
鬼面武者を倒して現れたぼうれい武者から乗り移って進化した死神に倒されました。
2010-08-03_0003.jpg
2回目も同じく、鬼面武者を倒して現れたぼうれい武者から乗り移って進化したマムーンに倒されました。
鬼面武者には無闇に倒さない方が良いですねぇ……。

何度かやり直してようやく山頂の町に辿り着きましたが、その先には…。
2010-08-03_0005.jpg
まさかのモンスターハウス……。
アイテムがすっからかんだったので、ここへ入った段階で積みは確定してましたが、結局やられました。
いずれにせよ、重要アイテムの「倉庫の壺」の獲得が先です。

「倉庫の壺」ではなく「合成の壺」でした…。
Wiiポイントプリペイドカード 1000(ゲーム)

Wiiポイントプリペイドカード 1000(ゲーム)

価格:999円(税込、送料別)

新製品案内2010年9月号

2010年08月02日
新製品案内2010年9月号
リンク先が田宮公式ではないですが、一応確定ということで…。
2010年9月分の新製品はシャーシ3種が再販。
特にホワイトTZシャーシは出荷量が絞られた為、なかなか見つからなかったから有りがたい。


・クリヤーカラースペシャル4種
アバンテMk.IIIは似合ってるが、それ以外の3種は…。
全体的に言えることだが、ステッカーバリエーションが少なく、ドレスアップに欠けてしまっているのは残念。

・ナックルブレイカー ブルースペシャル
何気に2010年に入って初めての通常販売キット。
カラーリング、ステッカーのバランスがうまく保っていて良い。

・アバンテMK.IIIアズール クリヤースペシャル
サンダーショットMk.IIに続く、ポリカーボネートクリヤーキットシリーズ第2弾。
ステッカーは中途半端な部分に透明になっているなんてことは無いので、塗装しやすそう。
ただ、60mm中空シャフトが入ってないのは惜しいところ。
これもボディ単体で再発売される流れの予感。

・スーパーX・スーパーXXカーボン小径ナローホイール&ハードタイヤ
ナックルブレイカーに入っているホイールがカーボン化。
先発した2種のカーボンホイールが通常販売になっているのに対し、こちらは限定販売となっている。

・大径ナローグラスファイバーホイール&バレルタイヤ(蛍光ピンク)
スポークが細いのとグラス素材を使っているので、あっけなく割れてしまいそう。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。