スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新製品案内2010年6月号

2010年04月28日
新製品案内2010年6月号
再販物や「ナチュラル」と名乗ったパーツが多め。
2種限定キットはmini4フェアですでに記したので除外。
写真掲載のみの感想。


N-04・T-04強化ユニット(レッド)
以前限定品で先発された04ユニットの通常販売版。
炭ではないので重量は増してしまうが、ポリカABSが採用しているということで強度の心配はないだろう。
限定品で指摘されている軸受パーツのガタつきは、構造上の問題なので、接着剤などで補強するしかない。

スーパーX・XXカーボン大径ナローホイール&バレルタイヤ(ホワイト)
まさかの通常販売化へ昇格。
これにはさすがに驚いたが、同梱しているダイナホークXXSPをまとめ買いした人は相当後悔しているだろう…。

フロントアンダーガード(レッド)
やはり来た色もの限定品。
素材の説明が無いのでABSで確定っぽいが、それでも信頼できる強度なので問題なく使える。
通常販売品と同価格なのも○。

ブラックメッキビスセット
必要最小限のビスは揃っているが、メッキを使用しているのか価格がやや高め。
メッキではなく、ステンレス製を採用して欲しかった。
スポンサーサイト

レトロフューチャーズ SAVE THE EARTH

2010年04月23日
2010-04-22_0001.jpg
プレイステーションストアで「毎月ザクザクキャンペーン」が開始。
数々のミニゲームがすべて300円均一で楽しめるというもの。
その中で、レトロフューチャーズコンテンツ内の「SAVE THE EARTH」をポチってみた。
2010-04-22_0002.jpg
操作方法はこんな感じ。
実機が自由に移動できたり、4方向にショットが打てたり、倍速チェンジというものがあったりしますが、これがSAVE THE EARTHの特徴部分。
2010-04-22_0003.jpg
ちょっとボケてしまったがゲーム画面。
弾幕系シューティングゲームで、タイム制スコアアタック方式を採用。
ちなみに残機設定は3に設定。
迫り来る敵機が逃げられないように撃破を続けるのと、倍速チェンジを使っていかにスコアが稼げれるのかがカギ。
2010-04-22_0004.jpg
ゲームオーバーorクリアをすると鬼上官からの一言メッセージが。
あまりに点数が少ないと写真のようにツンツンですが、高得点を出すと褒めることも…?
2010-04-22_0005.jpg
ランキングは10位まであって、獲得したスコアは自動セーブで記録。
強いて言えば、オンラインランキングを実装して欲しかったところ。
2010-04-22_0006.jpg
しばらくプレイし続けて、スコアがようやく200万台を突破。
こんな高得点を叩き出すのは一筋縄にはいきません。

WTCの代会場?

2010年04月22日
MINI4GP2010・小学生カップ開催告知
6月に関西大会が行われるのは意外…というかビックリした。
来週行われる「黄金週間大会」以降、WTCの代会場が見つからないと聞いていたので心配だったが、ここに来て早くも代会場が見つかっただろうか……?
気になる会場は、京セラドーム大阪のイベント会場「スカイホール」。
屋内なので、雨天の心配がないのも有りがたい。
いつもなら8月まで関西近辺で公式大会が開催されず、途方がくれていただけに、これは嬉しいニュース。

フリープレイモード

2010年04月21日
ニコニコ遊園地で稼働している「王立サマナー学園」。
ストーリーは第5章まで進みましたが、ここに来て難易度が上昇。
そもそもパズル要素が高いゲームなので、余計に頭を悩ませます…。
2010-04-21_0001.jpg
第4章をクリアすると「フリープレイモード」が解放。
1人からオンライン経由で最大4人までプレイ可能。
2010-04-21_0002.jpg
レベルが近い人に選択し、一番上の「ゴブリンハウス」に入室。
2010-04-21_0003.jpg
ロビー画面。
ちなみにチャットすることが可能。
発言が文字色化されるので、だれがチャットしたのか分かりやすいです。
2010-04-21_0005.jpg
3人になりましたがゲームスタート。
難易度を「そこそこ難しい」に選択されましたが、そこそこどころか結構難しいレベル。
後半になればなるほど、敵の数が多くなってくるので、配置を考える余裕がなくなります。
結果は、残念ながら防衛する事が出来ずゲームオーバー……。
とはいえ、オンラインで協力しあって防衛するのはなかなか面白いです。

しかし、配置コマが多くなっていくと動作がフリーズしそうな雰囲気…。
恐らくメモリが負担していると思われるので、メモリが少ないPCにはあまりおすすめできないかも……。

無料とは思えないブラウザゲーム

2010年04月17日
2010-04-16_0001.jpg
オープンβテストが開始されたブラウザゲームの「ニコニコ遊園地」。
その中で早速ハマってしまったゲームが見つかったので紹介。
王立サマナー学園 防衛大作戦」。
2010-04-16_0003.jpg
2010-04-16_0004.jpg
2010-04-16_0005.jpg
ジャンルは一見シミュレーションRPGに見えますが、実はタワーディフェンスシミュレーション。
2010-04-16_0007.jpg
基本的にモンスター(コマ)を召還(配置)させて戦闘を見て、状況によってはコマを増やしたり減らしたりさせて置く。
コマの配置が攻略のカギで、意外にもパズル要素が高いです。
2010-04-16_0008.jpg
クリアするとリザルトとランクの表示が。
割と順調だったのにランクはBでしたが、Aを目指すにはやはり時間に関係あるのでしょうかね。
2010-04-16_0009.jpg
第1章をクリアすると新しい召還モンスター「ゴブリン」をゲット。
レベルが上げられることができるので、一層奥が深くなりそう。
2010-04-16_0010.jpg
やり込み要素がある「実績」も用意。
種類はあまり多くないですが、割と難易度が高いものばかりで、そう簡単にコンプリートできなさそう。

ブラウザゲームということで料金は無料。
その割には無料とは思えないぐらいクオリティーが高いブラウザゲームを作るのは恐れ入ります。
ただ、強いて言う事が一つあって、サーバーがハンゲームより貧弱な事。
とはいえ、ニコニコ遊園地はまだβテストが始まって間もないので、今後の展開に期待したいところ。

設定資料集>>>(越えられない壁)>>>ゲーム

2010年04月15日
2010-04-15_0001.jpg
PS2版「スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク」を購入。
値崩れを1年強ほど待ち続けて、480円のちょうど良いプライスにめぐり合いました。
2010-04-15_0002.jpg
メインのストーリーモードのシナリオチャートはこんな感じ。
短編ということで、1つのエピソードシナリオボリュームは多くて5話程度。
分岐を含めての総合話数を数えると全21話しかありません。
先発した「OG外伝」は全36話なので、それに比べるとかなり少なめ。
もうちょっと増えても良かったのでは?って感じです。
2010-04-15_0003.jpg
他には「チャレンジバトル」というものが用意。
かつてGBAのスパロボシリーズで収録した「ツメスパロボ」に近い存在。
ストーリーは一応あるにはありますが、メインに比べると薄めになってます。

それとは逆に、設定資料集はこれでもか!…って止めを刺すぐらいに多数収録。
なぜスペシャルディスクに予約特典を入れなかったのか、その理由が分かった……。

WiiウェアWi-Fi対戦所有リスト箇条書き

2010年04月10日
なんとなくではあるけど、自分が所有しているWiiウェアのWi-Fi対戦所有リストの箇条書きをしてみた。
Wi-Fi対戦のレベルやマッチングの引っ掛かり具合が主。
タイトル順は順不同。


ドクターマリオ&細菌撲滅
本家「ドクターマリオ」とWiiリモコンを使って操作する「細菌撲滅」の2種類あるが、その内Wi-Fi対戦ができるのは本家のみ。
配信してから丸2年経つが、野良対戦は未だに賑わっている。
その代わり、レベルの高いユーザーが多く、それなりの練習は必要。
あと、画素が非常に濃く目が疲れやすいので、テレビの画質調整必須。

ことばのパズル もじぴったんWii
「ドクターマリオ」はほぼ実力で決まるけど、「もじぴったん」はオセロ的な要素があって駆け引きが熱く、その上逆転要素もある。
ゲームの特性上、1プレイの時間が長めなのか、野良対戦は残念ながら過疎っている。

Wi-Fi8人バトル ボンバーマン
サクサク感と一発逆転要素を併せ持っているからか、野良対戦は未だに賑わっている。
Wi-Fiの性質上、ラグが発生するのはどうしても仕方が無い。
エラー落ちもある。

テトリスパーティ
Wi-Fi対戦では様々な条件やルール設定が細かくできて自由度は高い。
ただ、設定によってはマッチングが引っ掛からない事があるのは困り者。

バンバン☆キッズ
とにかくマッチングの精度が悪すぎる。
引っ掛かるんだけど、肝心のゲームがなかなかスタートしないという有様。
そんでもってゲームバランスが悪いという3拍子。
おすすめできない。

UNO
CPUが相手をしてくれたり、途中参加できるのは好印象なのだが、UNOになった時のワイルドとドロー4カードあがりができるのは一番の不満。

エキサイトバイク ワールドレース
1分もしないうちに終わるので、上に記しているゲームに比べると最もテンポが良い。
逆にテンポが良すぎて終わるタイミングが見つからない。
実力で決まるが、コケさえしないように慎重に進めれば逆転のチャンスは十分ある。
野良対戦は賑わっている。

魔装機神リメイクPV2

2010年04月09日

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神THE LORD OF ELEMENTAL PV第2弾
DSで発売される「魔装機神」リメイクのPV第2弾が公開。
PV1は戦闘シーンがやや寂しかったけど、PV2ではその不安は一気に無くなった…と言うか、ウインキーソフト頑張りすぎ(笑)。
新要素はリメイクにしては控えめだけど、その内「ウエポン・ランクアップ・システム」は良さそう。
武器をフル改造することで、演出が変化するというのが地味にツボ。
対応武器の種類も豊富そうで、コンプリートしたいなら周回プレイは必須になりそうだ。

自分は、移植元のSFC版はプレイしたことがないので、購入しても悪くは無いチャンス。
ただ、ウインキーソフトが開発しているということで難易度が少し心配…。
同社が担当したSS版の「F」は、インチキな難易度で途中で投げたからなぁ……。

久々に帰ってくるあのシリーズの正体

2010年04月08日

【ファミ通】Another Century's Episode R 【新作】
かつてPS2でシリーズ化された「アナザーセンチュリーエピソード」がPS3に進出。
スパログで「久々に帰ってくるあのシリーズ」という発言があったけど、まさかACEとは…。
確か3作目で「ファイナル」と名乗ったけど、PS2上では最後ってのは、ある意味騙された(笑)。
それはさておき、参戦作品はやや少なめだが、バンプレレーベルとしては初めてのPS3ゲームだから仕方無いかも。
初参入のうちコードギアスが来るけど、1作目じゃなくて2作目なのは“謎”としか言い様が……。
あと、空や宇宙が舞台のゲームなので、フルメタル・パニック!の扱いがどうなるのか見物ではある。
ただ、ACEがPS3で発表しても、PS3自体興味が沸かないなぁ…。
自分は1作目の無印しかプレイしてないってのもありますが……。

新製品案内2010年5月号

2010年04月06日
新製品案内2010年5月号
5月号は久しぶりに通常販売品がラインナップ。
クイックボディキャッチ」は、一応記したので除外。
「38mm 両ネジシャフト」は、6月号以降に持ち越し。


・ジュラルミン マルチワイドステー
上位アルミ合金だけあって値段は高め。
剛性は向上しているとのことだけど、所詮はアルミにすぎないので、コースアウトの状況によっては曲がる可能性がある。
それを買うより、FRP版のを2つ買って重ねた方が良いかも。

・ブラック強化シャフト60mm72mm
2種類ともすでに強化シャフトは発売されているが、両方とも精度はあまり良くないので、その改良版だろうか?

HG ローハイトタイヤ用アルミホイール黒
もかっこいいけど、これは黒色にしたことでよりかっこよくなって焦がれる…。
価格の都合上、1セットのみ購入予定。

PROモード

2010年04月05日
2010-04-03_0001.jpg
エキサイトバイク ワールドレース」ネタ。
1人用の「エキサイトレース」モードをクリアしたので「PROモード」が開放。
写真を見れば分かりますが、Wiiリモコンの特徴をフルに活用する上級者向けのモードです。
2010-04-03_0002.jpg
早速、Wi-Fiコミュメンバー3人でPROモードを試してみることに。
2010-04-03_0003.jpg
レース画面、リプレイではありません。
ビューが斜めになっていたので最初はビックリしました…。
さすがに最初はミス連発するけど、何度かプレイすると自然に慣れていくのが恐ろしいところです。
なお、ウィリーアクションは、リモコンを上方向に相当傾けないと発動しない模様。
周辺機器の「Wiiハンドル」があれば成功率はあがるらしいですが、これは要検証。
ちなみに視点はAボタンで切り替えられますが、この斜め視点が一番おすすめ。
正面ビューもありかな?と思ってたのですが、アップダウンが分かり辛くなるので返っておすすめできません。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。